第87回 あつみロビーコンサート
奏DAYS 奏思奏愛〜渥美半島に広がるハーモニー
Lastlot 〜旅立つ人へ 贈る唄〜

第37回あつみロビーコンサートを楽しく拝観させていただきました。
会場のお客様のにこやかな顔を見ていると、私もいつのまにか微笑ましくなりました。
始めは、田原市内をメインに活動している5人組の青色半袖Tシャツの若者達 奏DAYS。
リーダーの青山さんが上手くチームをまとめ、それに応えるようにメンバー全員でアカペラの素敵なハーモニーを聴かせてくれました。
皆さん、これからも美しい歌声をプレゼントして下さい。感謝 !!
後半のラストロットは、まさに渥美が誇る全国レベルのバンド。歌唱力もさることながらユーモアのセンスも抜群で、今回のステージをきっかけに完全に虜になりました。
「チョコレート」、「熱民音頭」等、心に残るいい歌ばかり。名古屋のガイシホールで1万人のファンの前で歌った実力は完全にメジャーでした。
ボーカルの歌唱力は、私がいつも食している「み●らやさん」のうどんのように「とってもおいしい」
また、ボーカルをリズム感強く引っぱっていたのが、後ろにドッカと石碑・石像のように座り、構えているドラマー。
そして、旋律豊かに明るく楽しく奏でるギターの2人。
これからも私達を音楽の世界へ導くとともに、いい唄・いい曲を届けて下さい。
本当にありがとうございました(感動)



今回のコンサートのチラシです。




渥美文化会館の玄関にセッティングされたウェルカムボードとお花。
こちらがあつみロビーコンサートの会場への入口となります。

受付は、すでに顔なじみの福江中学校「ドリームの会」の生徒さん2名と、「あつみロビーコンサート運営スタッフ会」の森下代表、他スタッフ2名で応対します。
皆さん、元気にお願いしま〜す!

今日も大勢のお客様がお越し下さいました。




第1部は、主に田原市内で活動されているアカペラグループ 奏DAYS の皆さんです。
タイトルは「奏思奏愛〜渥美半島に広がるハーモニー」
メンバーは右より大羽文乃さん、小久保美里さん、野村満里奈さん、青山篤史さん、渡邊侑也さんの5名。
オープニングは桐谷健太さんの歌でヒットした「海の声」

MCを主に務めるのはリーダーの あおやまさん。
私的には奏DAYSといえば、昨年の2月に開催された 平成28年度しみんのひろば でのオープニングステージが、とても印象深かったです。
再びこの場所で、あの美しいハーモニーを聴く事が出来、とても嬉しく思います。

次は、スタジオジブリの名曲をメドレーで。
『となりのトトロ』より「さんぽ」〜『耳をすませば』より「カントリーロード」〜『天空の城ラピュタ』より「君をのせて」〜『猫の恩返し』より「風になる」〜「となりのトトロ」
ちなみに、音取りとテンポは ぶんちゃん(右)が担当。
足元のキーボードが大活躍です。(それに指パッチンも!)

小気味良くリズム感抜群な ゆーやさん(左)の ボイパ、イケてます!
平井堅さんの POP STAR、ザ・ピーナッツの「恋のバカンス」井上陽水さんの「少年時代」星野源さんの SUN と、新旧のヒット曲を織り交ぜながら続きます。


何と!ここで早着替え。
ブルーのTシャツからアイドルグループも顔負けなメンバーカラーTシャツに着替え、歌い踊る奏DAYS!
続いて、本日誕生日のお客様へ Happy Birthday の素敵な歌声がプレゼントされました!
次は、この Happy Birthday を会場のお客様と一緒にコーラスで。
皆さん、ハモる楽しさを実感していただけたでしょうか?
次はお馴染みのアニソン「ルパン三世のテーマ」

今度は、メンバーが一瞬にしてアンパンマンのキャラクターに変身!(笑)
歌はもちろん「アンパンマンマーチ」です。







続く「アンパンマンたいそう」では、飛び入りのカワイイちびっ子ダンサーが大受けでした!
プログラム最後は、ネプチューンの「イッショウケンメイ。」
奏DAYS 結成1年目から何度も歌ってきたとても思い入れのある曲なんだそうです。
久しぶりに改めて聴くと、じつにいい歌ですね。
再認識です!

ここでスタッフより花束の贈呈があり、会場は温かく盛大な拍手に包まれました。






アンコールは、SMAPの「世界に一つだけの花」
アカペラの魅力を存分に楽しませて下さった奏DAYSの皆さん、メチャカッコ良かったです!

20分間のティータイムでは、スタッフがお客様にお茶とお菓子のおもてなしを。


ティータイムのお菓子はスタッフYさんの友人 Sさんによる特製手作りクッキー。
左よりプレーン・チョコ・抹茶。
お馴染みの可愛らしいラッピングと共に、おいしさも保証付きです!

ラウンジはお客様で一杯です。





ここで、恒例のロビコンCDプレゼントコーナー。
くじ引きは、ドリームの会の生徒さん2名で行います。
当選されたお客様、おめでとうございます!








第2部は、主に地元渥美半島で活動されているバンド Lastlot の皆さんです。
タイトルは 〜旅立つ人へ 贈る唄〜
第49回ロビーコンサート に続き、2度目の出演となります。
まずは、ボーカルの三浦さんよりメンバー紹介が行われました。
アドリブやギャグを取り混ぜた軽妙なトークに笑い声があふれ、会場は一気にアットホームな雰囲気に。
今回歌われる曲は全てメンバーによるオリジナルで、まずはアップテンポなナンバー「菜の花と言う名の花」

2015年12月にCBCホールで開催された「オトナ・バンドフェス 2015」で、見事優勝された Lastlot の皆さん。
その結果、2016年1月、日本ガイシホールで開催されたイベントで1万人の観客の前で歌うことに。
次は、その時の曲「大切な人へ

同じ日に、ガイシホールで歌われた Lastlotの代表曲
「チョコレート」
三浦さんの伸びのある美声にはホント惚れ込んでしまいます。


ヴォーカル&ギター 三浦克之さん、ベース 川口裕也さん。
次は、名古屋トヨペット創立60周年の webCM として依頼された「想いを乗せて
心温まる曲想がCM動画に見事にハマッていて、素晴らしいの一言です。

ドラムス 鈴木登士勝さん、ギター 黒田寛三さん。
ちなみに、鈴木さんはロビコンのPA担当スタッフ。
いつもは裏方としてホール後方でミキシングコンソールを操作しているんですが、今日は晴れ舞台。
スタッフTさん、カッコイイです!

Lastlot の皆さんの母校である福江中学校。
その合唱祭に昨年招かれた時、後輩に対して熱いメッセージを贈るために作った曲「今から未来」
熱いメッセージ、いやが上にも客席に伝わりました。

この曲では、三浦さんがそれまでのアコースティックギターからエレキギターに持ち替え、熱くハードな演奏も披露してくれました。


今から2年ほど前、渥美青年経済研究会より「渥美半島を盛り上げるために曲を作って欲しい」との依頼がありました。
それが、このプログラム最後の曲「熱民音頭」(あつみ音頭)
ここで、Lastlot のマネージャーで、ロビコンでも色々お世話になっているグリーンマンさんが、何と!飛び入りでギター演奏を披露(左から2人目)
三浦さんの尋常とは思えないノリノリな盛り上げように会場も思わずヒートアップ。
いやー、ぶったまげました!
Lastlot が歌う渾身の演歌、スゴイです(笑)

スタッフより花束の贈呈です。
あれっ!可愛らしいちびっ子ファンが!
そして、会場から拍手の嵐がわき起こり・・・








アンコールは、第1部に出演された奏DAYS とのコラボで、再び「チョコレート」
ちなみに、奏DAYSのあおやまさんはLastlotの大ファンだそうで、今回の共演を大変興奮されていたそうです。
三浦さんの歌声に奏DAYSのコーラスとボイパが加わり、厚みのある美しいサウンドが奏でられます。
地元渥美半島で活躍されている2組のグループの貴重なコラボ、本当に素敵でした。
そして、心地よい感動をありがとうございました。

アンケートを回収しつつ、お客様をお見送りするドリームの会の生徒さんと出演者の皆さん。
ご来場いただき、誠にありがとうございました。
次年度もスタッフ一同、心よりお待ちしております。






ラウンジでは Lastlot の皆さんがCDを販売しながら、ファンの方々と交流を深めていました。
写真右手前がグリーンマンさんですよ。

最後は出演者の皆さんと共に記念撮影を行いました。
素晴らしい歌と演奏をありがとうございました。
スタッフの皆さん、半年間お疲れさまでした!



アンケート集計へ